退職をする時に重要になる事とは

仕事をしていて退職をするときには、何らかの法的な手続きが必要になることがあります。
特に問題なく仕事をやめられるときはいいのですが、働いていていた所とトラブルがあった場合は問題が起こりやすいです。
退職をする時に法的な問題が起こりやすいものとしては、残業代の支払いがあります。
日本の企業では一部ですが残業代を正しく支払わない所が存在し、それが社会問題になっています。
そのようなところでは働いていて仕事をやめた時は、残業代を取り返す裁判をする事があります。
以前はこのような法律の手続きはかなり大変で、簡単にはできるものではありませんでした。
しかし残業代などの問題が起こりやすくなってからは、専門の法律事務所などができ対応がしやすくなっています。
このような法的な措置を利用するときは、どういう形で働いていたのかを証明する必要があります。
その時はタイムカードなどがあると便利ですが、何らかのメモのようなものでも法的な効果を持つケースが存在します。

テスト用にコーター・延伸装置を常設
素材の機能性向上に!多目的コーターテスト受付中

お手伝いできるオンナノコがいます!

民法における時効について

民法における各種権利の行使は、一定期間行使しないとその権利を失うことになります。
これを時効と言いますが、たとえば債権の消滅時効は、時効によって利益を受ける側が時効を主張しなければ成立しない決まりになっています。
これを法律用語では「時効を援用する」というふうに表現します。
逆に、時効によって権利を取得する場合は取得時効と言いますが、この取得時効の期間は、時効を主張する側の状態によって変化します。
たとえば、ある他人の土地の所有時効を援用する場合、その主張者が所有の意思をもち、平穏かつ公然と、善意無過失で他人の土地の占有を開始した場合は10年が経過すれば時効が成立することになります。
いっぽう、悪意や過失がある場合でも、20年が経過すれば時効が成立しますが、権利をもつ側が裁判上の請求や支払督促申立をしたり、差押えや仮差押え、仮処分がなされたり、債務の承認があった場合は、時効は中断され、もう一度最初から時効期間が進行することになります。

最新投稿

お知らせ

一覧

退職にあたって知っておくべき法律知識はこれです

労働保険に関する法律

問題社員の辞めさせ方について

アルバイトの退職について