アルバイトの退職について

法律 退職

アルバイトの退職について

僕は現在フリーターです。
コールセンターで営業の仕事をしています。
今の職場には、今年の春でもう4年もいることになります。
最初は小さいビルの一角で細々と営業しているようなところだったのですが、一昨年の末からは西新宿の大きなビルに移って働いています。
その間、商材だけではなくて会社名も変わったのでした。
雇用形態においても、勤務時間が減ったりあるいは勝手に時給が変わったり、ノルマをこなせないと時給が大幅に減らされる仕組みが出来上がったりと、変わっていないところがないくらい職場の環境が激変していたのですが、法律的にそれが問題ないのかずっと疑問に思いながら働いていました。
今、自社の商材を販売しているのですが、それが今は全く売れず、他のアルバイトが一人、また一人と姿を消し高層ビルの一角のフロアは閑散としている現状において、私も退職を考えています。
退職の際には、アルバイトでも有給が消化できることを知った私はどうしたら円満にその有給をもらえるのか考えているのですが、今まで会社がしてきたことを考えると、それもどうやら無理のように感じるのです。

目的の1つが規律を作る事

法律と言うのは、どこの国でもあります。
当然、日本でも沢山の事が決められていますし、しっかりと守って生活しなければ罰則などもあって、あなたにとって問題が起こってきます。
そこで、法律がある目的の1つが規律を作る事になってきます。
もし、何も決められていなければ、一人一人が好き勝手に生活したり、他人を傷つけたりして、平和に暮らせる事ができないです。
さらに混乱を招いてしまう可能性があり、国として成り立たない可能性もあります。
しかし、法律を作って、規律を作ることによって、そのような心配も少なくなってきますし、多くの人が安心して生活できるようになってきます。
人間は、頭脳が発達していますので、規律を作る事は、一番手っ取り早い方法になってきます。
今、私たちが安心して生活できているのも、きちんとさまざまな事が決められているおかげであり、法があっての今の生活になってきます。
さまざまな規定がありますけど、私たちの生活では大事な事になってきます。

お知らせ

一覧

退職にあたって知っておくべき法律知識はこれです

労働保険に関する法律

問題社員の辞めさせ方について

アルバイトの退職について